あなたのボランティア活動のきっかけ作りや、市民活動をサポートします
システム運用時間は午前5時から翌午前2時
トップページNPO法人を設立・運営したい>NPOアドバイザー事業・NPOのための専門講座のお知らせ
NPOアドバイザー事業・NPOのための専門講座のお知らせ
更新日:2017年8月25日

 「NPO法人運営」に必要な「会計・税務・労務」など専門分野に関する講座を開催します。単発参加も可能です。
 ※個別相談会についてはこちらのページをご覧ください。
NPO運営のための専門講座
 
日時
講師
内容
9月6日(水)
10:00~11:00
織田 元樹
(NPO法人代表理事)
●人材が集まるボランティア募集の仕方
 市民活動を維持していくためには、活動を担ってくれるボランティア人材の確保は不可欠です。そうしたボランティアの人材を集める手法を、講師が実践してきたボランティア募集の成功事例から学びます。
9月30日(土)
10:00~11:00
織田 元樹
(NPO法人代表理事)
●長続きするボランティアの受入れ方
 ボランティアがすぐにやめてしまう。長続きしない。そんな経験はありませんか。ボランティアに活動を長く続けてもらうための必要なポイントを、講師の経験から、具体的な事例をもとに実践的に学びます。
10月6日(金)
10:00~11:00
橋本 俊也
(税理士)
●NPO・事業にまつわる税務
 NPO法人の行う本来事業であっても、事業内容によって法人税の申告が必要です。収益事業の考え方を理解して、自団体の事業があてはまるかどうか、確認しましょう。
10月25日(水)
13:00~14:00
加古 朗
(社会保険労務士)
●NPO・雇用した時の手続き
 NPOであっても人を雇用した場合には、企業等と同じように手続きが必要です。雇用から退職まで必要な手続きを確認して、受入時の体制を整えます。
11月22日(水)
10:00~11:00
橋本 俊也
(税理士)
●NPO・人にまつわる税務
 NPOが講師や職員へ対価を支払う場合には、税金(源泉徴収税等)についても考えなくてはなりません。どんな書類を整えておく必要があるか、マイナンバーも含めて説明します。
1月26日(金)
13:00~14:00
加古 朗
(社会保険労務士)
●NPO・就業規則を整える
 時短勤務や在宅勤務など、働き方が多様になる中、雇用環境を整える就業規則の作り方について、ポイントをしぼってご説明します。就業規則の設置が求められる雇用にかかる助成金も多く、獲得をめざす場合はこの機会を活用ください。
3月2日(金)
10:00~11:00
中尾 さゆり
(税理士)
●NPO法人・事業年度終了後のタスクと段取り
 NPO法人は、事業年度終了後3か月以内に事業報告書等を所轄庁へ提出する義務があります。また、法務局や税務署への書類提出が必要なこともあります。法人運営の実務について、提出期限直前に慌てないように手順を確認しましょう。
3月23日(金)
10:00~11:00
黒田 朱里
(公認会計士)
●NPO法人の理事・監事の役割
 NPO法人は様々なステイクホルダー(利害関係者)が関わり運営されますが、その中で重要な役割を担うのが理事・監事です。NPOの意思決定のしくみを理解し、理事・監事の役割とはなにかを学びます。理事・監事をお願いする時・された時、双方に役立つ内容です。
専門講座のお申し込み方法及び参加費
 参加申込書(下記リンクよりダウンロードしていただけます)に必要事項をご記入の上、FAX又はE-mailにてご送付ください。参加費は、1,000円です。

 ■チラシ:PDFファイル[1.8MB]
 ■参加申込書:PDFファイル / Wordファイル
専門講座のお申し込み・お問い合わせ先
名古屋市市民活動推進センター
TEL:052-228-8039
FAX:052-228-8073
E-mail:npo@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp
所在地:名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパークデザインセンタービル6階
開館時間:平日・土曜日:9:00~21:30、日曜日・祝休日:9:00~18:00、月曜休館

■主催:名古屋市
■企画運営:ボランタリーネイバーズ・ボラみみより情報局共同事業体(事業受託者)