あなたのボランティア活動のきっかけ作りや、市民活動をサポートします
システム運用時間は午前5時から翌午前2時

【特設公式ページ】社会課題解決推進イベント「ファーストキフ」

掲載開始日:2018年8月30日
最終更新日:2019年1月31日

 昨年度に引き続き、名古屋市(市民活動推進センター)では、「社会課題解決推進イベント『ファーストキフ』」を開催します。この地域の市民活動のさらなる発展のため、「寄附募集」「情報発信・市民との交流」の2つの側面に焦点を当てイベントを開催します。

【最新のお知らせ】
2019.01.31 ファーストキフ映画祭ポスターコンテストの情報を更新しました。
2019.01.06 ポスターコンテスト応募期間を延長しました。
2018.12.22 ファーストキフ映画祭映画祭の詳細を公開しました。
2018.11.16 参加団体のご紹介ポスターコンテスト募集情報連携イベント情報を更新しました。
2018.11.01 ポスターコンテスト作品募集始まりました。
2018.10.18 連携イベント情報を更新しました。
2018.08.30 8/30に説明会を開催し、参加NPOの公募を開始しました!10/2(火)締切です。
ファーストキフ参加団体のご紹介
 ファーストキフのイベントに参加する市民活動団体13団体をご紹介します!
 
No. 団 体 名主な活動分野
認定NPO法人 あいち骨髄バンクを支援する会保健・医療・福祉
一般社団法人 あうずっと子どもの健全育成
NPO法人 アスクネット子どもの健全育成
NPO法人 風の会障がい者福祉
NPO法人 きらきら輝くまるですよ!保健・医療・福祉
NPO法人 こどもNPO子どもの健全育成
NPO法人 チャイルドラインあいち子どもの健全育成
認定NPO法人 名古屋ろう国際センター保健・医療・福祉
ハーレーサンタCLUB名古屋子どもの健全育成
10 認定NPO法人 ビフレンダーズあいち自殺防止センター保健・医療・福祉
11 一般社団法人 Families Change子どもの健全育成
12 NPO法人 ボラみみより情報局その他(ボランティア活動の促進)
13 守山リス研究会環境保全
(五十音順)
1.「ファーストキフ映画祭」開催決定!
心のすみひっかかってるアノこと。映画をきっかけにちょっと語りあってみませんか?

 私たちの身の回りにあるいろいろな困りごとを解決しようと日々頑張っているNPOと市民の皆さんとが一緒に作り上げていく交流イベント「ファーストキフ」!普段なかなか気がつかないさまざまな社会課題を、感じたり・考えたり・体験していただきたいっ!ということで、今年のイベントフィナーレは、映画祭です。ぜひ観たい!観ていただきたい!!作品をそろえて上映します。映画の後には、映画をきっかけに参加者とNPOの皆さんでちょっと語りあいませんか?

■日時:2019年2月23日(土曜日) 10:00~
■会場:名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク デザインセンタービル内
(第1会場)3階デザインホール
(第2会場)6階セミナールーム3
(第3会場)6階市民活動推進センター集会室
■参加費:無料
■先着順(事前申込推奨)
■主催:名古屋市
■協力:ファーストキフロゲ実行委員会、ファーストキフRUN実行委員会、
    ファーストキフ・ファミリーサーカス実行委員会

■申し込み方法  
 当日参加も可能ですが、先着順ですので事前申込をお勧めします。事前申込をされる場合は、事前申込書に①希望作品、②申込人数、③代表者の氏名、電話、メールアドレスをご記入の上、2月20日(水)までに下記の申込み先まで、郵送またはFAXしていただくか、必要事項をメールに記入して送信してください。
 ※当日の上映時間までに来場されない場合は、キャンセル扱いとなります。
 ※お預かりする情報は、本イベントのご連絡やセンター事業のご案内にのみ使用させていただきます。
 ※ご案内を希望されない場合は事前申込書のチェック欄にレ点をご記入ください。
  (メールの場合は、希望しない旨をメールに記載してください。)

 ◇チラシ・事前申込書はこちら⇒事前申込書(Word) 又は 映画祭チラシ・事前申込書(PDF)

■申込み・問合わせ先
 〒460-0008
 名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパークデザインセンタービル6階
 名古屋市市民活動推進センター(ファーストキフ担当)
 TEL:052-228-8039  FAX:052-228-8073
 e-mail:npo@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

■上映作品
【午前の部】            
   
   
会場 定員 開始時間トークタイム作品紹介
第1 270名 10:00~
(受付 9:30~)
11:45~12:30 ■子どもが教えてくれたこと

子どもが教えてくれたことイメージ


 9歳のアンブル、5歳のカミーユ、8歳のテュデュアル、7歳のイマド、8歳のシャルルは病気を患いながらも、家族との時間や友達とのひと時を明るく、一生懸命に生きている。病気と闘いながら、旺盛な好奇心で新たな楽しみを見つけ、今を懸命に生きる子どもたちを描き、フランスで23万人の動員を記録したドキュメンタリー。
 愛娘を病気で亡くした経験を持つジャーナリストのアンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン監督が、難病を患いながらも懸命に生きる5人の子どもたちの日常を通じ、“今、この瞬間“を生きる大切さを問い直す。伝統ある世界最大規模の子ども映画祭“ジッフォーニ映画祭“のGEx部門で作品賞を受賞した話題作。

©Incognita Films - TF1 Droits Audiovisuels
第2 60名 10:00~
(受付 9:30~)
11:15~12:00 ■架け橋 きこえなかった3.11

架け橋 きこえなかった3.11イメージ


 東日本大震災が起きたとき、津波警報が聞こえなかったために亡くなった人たちがいた。ろう・難聴者は警報や避難放送などの情報が得にくいため、災害時には更に弱い立場に立たされる。
 命にかかわる防災情報はすべての人たちに正しく迅速に伝えられなければならない。自身も耳が聞こえない今村彩子監督が地震の11日後に宮城を訪れ、2年4か月間かけて取材した渾身のドキュメンタリー。

©Studio AYA. All Rights Reserved
第3 60名 10:00~
(受付 9:30~)
11:45~12:30 ■さとにきたらええやん

さとにきたらええやんイメージ


 大阪市西成区釜ヶ崎。“日雇い労働者の街”と呼ばれてきたこの地で38年にわたり取り組みを続ける「こどもの里」。“さと”と呼ばれるこの場所は、障がいの有無や国籍の違いに関わらず、0歳からおおむね20歳までの子どもが無料で利用することができる。学校帰りに遊びに来る子、一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子、そして親や大人たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、地域の貴重な集い場として在り続けてきた。
 「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも全力で生きる子どもたちと、彼らに全力で向き合う職員や大人たちに密着した、人情が色濃く残る街の人々の奮闘を描く、涙と笑いあふれるドキュメンタリー。

©ガーラフィルム・ノンデライコ

【午後の部】            
   
   
会場 定員 開始時間トークタイム作品紹介
第1 270名 13:30~
(受付 13:00~)
■ペイ・フォワード 可能の王国

ペイ・フォワード 可能の王国イメージ


 「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」という課題に、11歳の少年トレバーが思いついた方法は“ペイ・フォワード”自分が受けた善意や思いやりを、その相手に返すのではなく、別の3人に渡すというものだった。
 トレバーはこれを実践するため、 いろいろと試みるものの、なかなかうまくいかず、「ペイ・フォワードは失敗だったのではないか」と思い始める。しかし、トレバーの気づかないところで、このバトンは次々に受け渡されていた。

©2000 Warner Bros. and Bel Air Pictures LLC. All Rights Reserved
第2 60名 13:00~
(受付 12:30~)
15:00~15:45 ■Tomorrow ~パーマネントライフを探して~

Tomorrow  ~パーマネントライフを探して~イメージ


 “人類は絶滅する恐れがある。それも決して遠くない未来に”──2012年、21人の科学者たちが権威ある学術雑誌「ネイチャー」に、私たちが今のライフスタイルを続ければ、人類は滅亡するという論文を発表し世界に衝撃が走った。その“事実”を聞かされたフランスの有名女優メラニー・ロランは、ジャーナリストのシリル・ディオンを相棒に、解決策を求めて、世界中の“新しい暮らしを始めている人々”に会いに旅に出た。
 「農業」「エネルギー」「経済」「民主主義」「教育」の5つの分野にスポットを当て、世界各地で新しい取り組みを行っているパイオニアたちを次々と紹介していく。第41回セザール賞でベストドキュメンタリー賞を受賞

© MOVEMOVIE - FRANCE 2 CINÉMA - MELY PRODUCTIONS
第3 60名 13:30~
(受付 13:00~)
15:15~16:00 ■風のかたち~小児がんと仲間たちの10年~

風のかたち~小児がんと仲間たちの10年~イメージ


 小児がんと闘う子どもたちと医療関係者、ボランティアの活動を10年がかりで記録したドキュメンタリー。3人の医師によって企画された“SMSサマーキャンプ”は10年目を迎えた。毎日病室で治療の日々を送る小児がん患者の子どもたちに、自然との触れ合いや元患者のボランティアとの交流の機会を与えようというこのサマーキャンプを、カメラは10年間追い続けた。
 小児がん患者や体験者を、悲劇の主人公ではなく“再生”のシンボルとして描き、命の尊さ、生きる意味、未来への眺望の映像化したドキュメンタリー。

©いせFILM

2.ポスターコンテスト投票受付中!
   【名古屋市主催】“市民とつながる”NPOポスターコンテスト

私たちの身の回りにあるいろいろな困りごとを解決しようと日々頑張っているNPO。
そんなNPOの思いを伝えるポスターを展示します。
「応援したい!」と思ったNPOに、ぜひ、投票をお願いします!
皆さんの投票によって、NPOに賞金が分配されます。

■投票スケジュール
【投票期間】 平成31年 1月20日~平成31年2月23日
【会場での投票】
各投票会場に設置される投票箱に投票
・市民活動推進センター(1月20日~2月23日)
・ファーストキフ・ファミリーサーカス会場(1月20日)⇒ 終了しました
イオンモール新瑞橋(2月9日、10日)
ナディアパーク2階 アトリウム(2月16日、17日)
・ファーストキフ映画祭会場(2月23日)
【ウェブでの投票】
名古屋市市民活動推進センター・公式Facebookの「いいね」ボタンをクリック(1月20日~2月23日)
3.連携イベントについて
ファーストキフロゲチラシ

(1)~ロゲイニングイベント~「ファーストキフロゲ in 名城公園」について
 ⇒ 終了しました
 日時:平成30年11月11日(日)10:00~
 場所:名城公園
   (名古屋市北区名城一丁目)

 イベント詳細はこちら(チラシ)をご覧ください。

(2)~ランニングイベント~「ファーストキフRUN」について
 ⇒ 終了しました
 日時:平成30年12月15日(土)8:30~
 場所:庄内緑地公園
   (名古屋市西区山田町大字上小田井字敷地 3527)


  (3)~クラウンショー~「ファーストキフ・ファミリーサーカス」について ⇒ 終了しました

ファーストキフ・ファミリーサーカスチラシ
 日時:平成31年1月20日(日)14:00開演
   場所:名古屋市中小企業振興会館7階メインホール
   (名古屋市千種区吹上二丁目6番3号)
  
 ※観覧には、申込・チケット購入が必須です。
 当日券もありますが、事前購入(割引も有り)がオススメです。

 申込方法:チラシ(PDFデータ)をご覧ください。
4.開催概要
■事業名称:社会課題解決推進イベント「ファーストキフ」
■企画趣旨:名古屋市内で活動する市民活動団体(ボランティア団体やNPO)の支援
■開催場所:名古屋市内各所(ナディアパークを中心に、庄内緑地、名古屋市中小企業振興会館など)
■開催時期:平成30年10月~平成31年2月(準備期間として8~10月に参加NPOを公募します)
■主  催:名古屋市(市民経済局地域振興部市民活動推進センター)
■連  携:ファーストキフロゲ実行委員会、ファーストキフRUN実行委員会、
      ファーストキフ・ファミリーサーカス実行委員会

【参考】公募資料(公募期間:9/1~9/30、締切済)
 ・「ファーストキフ」参加NPO公募のご案内(PDFデータ形式)
 ・「ファーストキフ」参加申込書(WORDデータ形式)
 ・「ファーストキフ」参加申込書(PDFデータ形式)

 提出方法:市民活動推進センターへの来館、または郵送
 提出締切:持参の場合、9/30(金)21:30閉館まで。
       郵送の場合、9/30(金)郵送必着(※消印有効ではありません)
5.過去の実績や資料
●過去の開催記録
   【H29実施】 ファーストキフ(2017)
 【H28実施】 ファーストキフ(2016)
●過去の類似イベント「社会貢献文化促進イベント『ぼらチャリ』」開催記録
 【H24実施】 ぼらチャリ2012
 【H25実施】 ぼらチャリvol.2
 【H26実施】 ぼらチャリvol.3
 【H27実施】 ぼらチャリ4~つながれ★ひろがれ大作戦~

●【平成24年度実施】「名古屋市市民活動団体資金循環等調査事業」
 ・成果物1:調査報告書
 ・成果物2:啓発パンフレット「ファーストキフ」